プジョー3008 オイル交換、アドブルー補充(32,038km)

スポンサーリンク

新車から数えて2度目のオイル交換をしました。

新車で購入して1年3ヶ月で走行距離3万2千キロ。 なのに、オイル交換は2回しかしていません。

というのも、プジョー3008のエンジンオイル推奨交換時期は”1年もしくは2万キロ毎”と、取扱説明書に記載されているのです。

オイル交換時期
プジョー3008取扱説明書より

説明にも書かれている通り、この交換時期は”推奨オイル”を使用した場合です。

“プジョー車のエンジンオイルはフランスのオイルメーカーTOTAL社と共同開発し、エンジン自体の開発と共にエンジンオイルも開発されている”らしいです。

プジョー沼津 - エンジンオイル交換について
各モデルラインナップ、ディーラーのご紹介...


『車の使用頻度が高いとき、市街地や高温環境下での使用が多い時は、メンテナンス時期を早めるようにしてください。』と書かれていますが、私の場合は都心在住ではありますが長距離ドライブすることが多いので、20,000km毎でもいいかと考えたのです。
その代わり、私はプジョー推奨オイルをディーラーで入れるようにしています。

初めてのオイル交換は1万キロくらいで交換したので、今回はメーカー推奨の2万キロで交換したわけです。

メンテナンスパックを使ったので、オイル交換は無料でした。 次回から有料です。

オイル交換のついでに、アドブルー補充を勧められたので、うっかりお願いしてしまったんですが、ディーラーでアドブルー交換をすると高いのです。
メンテナンスパックでの無料補充は前回で終了してしまったので、今回から有料になるんです。

ということで、今回かかった金額は、アドブルー10Lで3,080円(税込み)、工賃3,960円。
合計で7,040円でした。

考えてみれば工賃3,960円って高すぎですよね。 アドブルーの給油口から注ぐだけなのに・・・。

次回は、自分でアドブルーを買って補充しようと思います。

【10L】AdBlue アドブルー 高品位尿素水(ノズル付属)
AdBlue︎(アドブルー)とはドイツ自動車工業会(VDA)に認証された高品質な尿素だけが名乗る事の出来る登録商標です。 ディーゼル車に搭載された尿素SCRシステムに使用し、システム内で添加される事により、環境や人体に影響を与える窒素酸化物(NOx)を無害な窒素(N2)と水(H2O)に分解する役割を担っています。

追記(2021.4.28)自分でアドブルーを補充してみました!

記事や映像はこちらをご覧ください↓

アドブルー(AdBlue)を自分で補充!(45,753km)
AdBlue補充のお知らせ表示が出ても慌てる必要はありません。先日、総走行距離45,600kmあたりでアドブルーの補充警告(?)灯がでました。"警告"ではなく"お知らせ"ですね本来は日本語で出るのですが、私は表示を英語にし...

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました